HOME>ホットトピックス>次世代へも引き継ぐための強度なつくりがポイント

震災への備え

男女

杉並区の不動産取得に関して、震災時の潜在リスクを考えて納得できる物件選びをしたい声が聞かれています。杉並区でいえば、揺れや液状化が原因の被害の少なさが特長ですから、中古住宅でも建物の倒壊は小さいはずです。どちらかと言えば、火災が原因の被害が大きいようですから、火災保険や地震保険への加入はしておきましょう。万が一の備えでいえば、中古物件を取得する場合には、周辺の地域に火災や建物倒壊の心配がないか、自治体の対策を考慮しておきたいものです。それを踏まえて、利便性や安心・安全といった要素の何に重点を置くべきかがはっきりする利点もあるでしょう。

スケルトン住宅というメリット

住宅模型

杉並区の不動産は、更新しやすいつくりで長持ちさせるスケルトン住宅という特長があります。ファミリー層から支持される杉並区では、100年以上長持ちさせる構造体の骨格と、10年から30年の単位で更新する間取りや設備を明確に分けた住宅が高く評価されています。例えば、住戸内の外に設けたパイプスペースに共用配管を通すなどすれば、室内のリフォームや設備の更新を実施しやすくなります。最近では、水まわりの利便性・機能が飛躍的にアップし、住戸の中央に水まわりを配置できるのも特長です。取得したマンションや一戸建てのリフォームを考えるのもファミリー世帯が多いエリアならではですから、特長を生かす不動産が選ばれているのも納得できます。

広告募集中